教会案内集会案内初めての方へホッと一息お問い合わせアクセス

主管牧師  金井由嗣
 伝道師  金井めぐみ

<教会の青年たちで金井由嗣牧師・めぐみ先生を紹介します。>


 8人兄弟という大家族、そして北海道で育った金井牧師はとてもおおらかで、面白くて、いつも皆を笑顔にして下さいます。
趣味は落語。好きな食べ物はラーメン(ちなみに嫌いな食べ物はまずいラーメン)。青年が賛美をしていると、突然何も言わずに立ち上がり、ギターを持ち出して一緒に歌ってくださることも。
 3児の父であり、子どもや青年に対しても、同じ目線に立ってわかりやすくお話してくださいます。 共著書『科学時代を生きる宗教』(北樹出版)では信仰と科学の関係についても取り組んでおられます。 学生時代にはノーベル賞を志し、京都大学理学部に入学。ご自分の信仰と学問が直結するものを求め、文学部哲学科(キリスト教学)に編入、大学院まで修学。何度か留年し大学生活は通算17年。京都大学大学院博士後期課程学修退学。専門は、古代キリスト教思想史。関西聖書神学校卒業。神戸で12年間牧師をしつつ、神学校舎監・学監を経て2010年4月より千里聖三一教会へ就任。

 大学時代、同大学で、”金井さんを卒業させる会”まで結成して、金井牧師の卒業を陰でバックアップしておられた友人たちの一人が、現牧師夫人 金井めぐみ先生。  めぐみ先生は、自然の花を楽しむのが好きなとても心やさしい方です。好きな聖書の箇所は詩篇84篇。今は3人の子どもの子育て真っ最中のお母さん先生です。

お二人はバイタリティーにあふれ、“誰でも来られる教会”を目指しておられます。

協力牧師  森 大
 伝道師  森 宮子

<教会の青年みんなで森牧師先生・森宮子先生を紹介します。>



 千里での礼拝堂建築のため自転車に乗り探し回って30年。
ご本人は、もうおじいさんだと言いますが、今でも毎日元気に自転車に乗っています。


 15歳の時に主イエス・キリストに出会い、本当に人生が変えられたという森 大牧師。日本で関西学院大学・大学院の神学部を卒業後、1960年代にシカゴの北、エバンストンのギャレット神学校で4年間 就学。今でもアメリカ製のチョコレートバーやピザが大好きだとか。 生まれ育った日本イエス・キリスト教団の熱い福音の信仰を大切にし、聖書の言葉を神様の間違いの無い真理、無尽蔵の真理として純粋で ひたむきな信仰を全うしている暖かい牧師先生です。


 静粛な礼拝の時間が終わると、一人ひとりに声をかけてお話やお祈りをしたり、子どもたちに声をかけ大笑いすることもあり、 気さくな牧師先生に早変わりします。
そして、いつも熱心に祈り続け、礼拝・伝道に全ての情熱を注いで下さる牧師です。



 牧師夫人の宮子先生は、補教師・伝道師です。また5人の子どもの母であり、いつも元気いっぱいで皆に心配りをして下さる先生です。 「望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈り続けなさい。」という聖書の言葉のとおり、どんなことも信じ、祈り続ける教会のお母さんのような存在です。何でも話せ、一緒に祈ってもらえる先生です。